« 厚労省への要望書 署名お願いします | トップページ | 困っていることが、恥ずかしい。申し訳ない。 »

2015年5月26日 (火)

2015年 新たな一歩へ

ご無沙汰しております。

前回の更新から1年以上も経ってしまいました。

それでも度々、このブログに訪れて下さっていたみなさま、ありがとうございます。気にしてくださり嬉しいです。更新できず申し訳ありませんでした。

もう5月も終わるこの段階で、2015年の意気込みを書くのもお恥ずかしいですが、毎年恒例なので、書いておこうと思います。


・・・・・・・・


昨年の2014年は、自分の中で大きな心境の変化がありました。

私がこれまで抱えてきた「怒り」、「悲しみ」などのネガティブな感情を、「手放す」ことにしたのです。

きっかけは、6月に熊本県阿蘇小国にある「TAO塾」へ行ったことでした。
http://www.taocomm.net/

豊かな自然の中でおいしい食事をしながら語ったり、精神医療問題について学ぶ特別セミナーに参加したのです。

その時にTAO塾の波多野さんに教わったのが、「手放す」ことでした。

私はずっと、精神医療や薬の問題、そしてそれをそのままにしている社会に対して、怒りと悲しみが満ち満ちていていました。

むしろそれをエネルギーとしてこのブログも始めましたし、現場以外での発信や活動をしてきました。

なので、それを手放していいんだろうかと、戸惑いました。

でも同時に、そのエネルギーには限界が来ていることも、察していました。

自分の無力感や同業者の仲間がなかなか増えないこと、これ以上何をすればいいのかがわからないモヤモヤと苦しさで、いっぱいになっていたからです。

その時の私には、「手放す」という言葉が、すごくこころに響きました。

2011年9月に、利用者さんの突然死を発見してから約3年。怒りと悲しみはすぐには手放せないけど、やってみよう。そして今までとは少し違うやり方、行動の仕方を考えてみよう。と決意しました。

熊本から帰り、その後も日々現場に立ちながらも、常に「手放す」とはどういう事かを、考えていました。

そして昨年2014年9月、自分が中心となって市民団体を作る決意をしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自分が中心になって市民団体を作る。それは大きな決断でした。

何から始めればいいかわからないけど、まずは幅広く仲間を集めて、何が出来るかを一緒に考えることにしたのです。

一人で、もしくはずっと支えてくれているわずかな仲間とだけでは、どうしても精神医療や業界全体を批判したくなります。それは、現場でふがいない無力な自分に直面することでもありますし、何の解決にもなりません。

また、どうしても「誰かに何とかして欲しい」という思いになってしまいます。

例えば、「いい医師がいればいいのに」とか、「この問題をわかっている誰かが、団体や会社を作ってくれればいいのに」というような。

結局は、自分の想いはあっても、偉そうなことは言っても、自信がなくて、人任せにしていたのです。

もう自分でやる時期に来たのかも。「手放す」決意をした時にそう思いました。

だって、私は誰よりも現場で、ソーシャルワーカーとしてこの問題を体感し、自分なりに闘って来たのだから。


9月に、とある精神医療の勉強会で、参加者のみなさんに呼びかけをしました。

すると、精神医療を体験し被害に遭ったかたや、医療関係者、ご家族などが、声をかけて下さいました。皆さん私と同じく、「何が出来るかわからないけど、何かしたい」という想いをもつ方達でした。嬉しかったです。


・・・・・・・・・


2015年、今年からの私は、

「批判や問題提起の、その先へ」 を信念として、

新たな取り組みを始めました。

仲間と試行錯誤しながら、いい意味で「正面から闘わない」、「もっと多くの人へこの問題を伝える」活動を考え、動き出しています。

ホームページなどの発信ツールも、準備中です。

またご報告出来たらと思います。



しかしこのブログは、私が現場で出会う理不尽な現実を発信していくために始めたものですので、今後も現場のことをきちんと書いて行きたいと思っています。



私の原点は、現場です。


今後とも、よろしくお願い致します。




ブログランキング 応援お願いします

  

 http://blog.with2.net/link.php?1316890







« 厚労省への要望書 署名お願いします | トップページ | 困っていることが、恥ずかしい。申し訳ない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1626439/60132777

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 新たな一歩へ:

« 厚労省への要望書 署名お願いします | トップページ | 困っていることが、恥ずかしい。申し訳ない。 »

無料ブログはココログ